結婚後の主婦のありかた

男女が結婚すると、今まで働いていた職場が変わってしまう、または退職したという女性が多くいます。よくあるパターンとしては、一つ目は、結婚を機に夫の職場に近いところに新居を構えるために、それまでしていた仕事をやめるというパターンです。この場合、女性は新しい場所で仕事を見つけようとする場合が多いと思いますが、既婚の女性は妊娠、出産の可能性が高いためになかなか正社員の仕事が決まらないことが多いです。二つ目は、すぐにでも子供を授かりたいと思っている夫婦は、そのまま専業主婦となる人が多いでしょう。最近は男性も家事を手伝う人は増えてはきていますが、まだまだ妻の方に家事の負担がのしかかってくることが多いので、主婦がガッツリ働くことは難しそうです。それでは子供が産まれた場合はどうでしょうか?パートタイマーで働いていた人は出産時には退職し、子育てのために専業主婦となるでしょう。仕事を続けていた人は育児休暇をとる方法と退職する方法があります。専業主婦の場合は、保育所も待機児童問題でなかなか入れないので子供が幼稚園にあがるまでは仕事はしないでいようと、夫婦間で決めている家庭も多くあります。さらに第二子が誕生したりすると仕事をしない期間はさらに長くなります。ようやく下の子が幼稚園に入園すると、日中は家事もスムーズに終わり、退屈してしまうこともあります。退屈な時間が増えると、ブランクはあるものの、やはり社会復帰したい!と思う人もいるかと思います。暇な時間が増えれば増えるほど、「自分は必要とされているのか?」とマイナスな事を考えてしまいがち。そんなブランクを気にする主婦には、同じような境遇の人が集まるお仕事を始めてみてはいかがでしょう。例えば、農園や家事代行などです。サイトに情報がたくさん載っているのでチェックしてみてください。